COLUMN

COLUMN

カレー屋は儲かるのか カレー屋の始め方 番外編2

くだらない話は思い付くのに
カレー屋さんをはじめる理由だけが見つからない
ああそうか そうなんだよな…。

皆さんこんにちは SPICE VILLAGE 主宰の後藤です。

そういうことなんです。核心は。

カレー屋は儲かるのか?! と題したこのシリーズも、いきなり核心?
いえいえそういうことでもないのですが、
私が色々活動している中で、常に心に問いかけていることなんです。

「カレー屋、カレー店をやる理由」
・カレーが好きだから
・美味しいカレーが作れるから
・カレーいのち!だから

もちろん皆さん色々な理由があると思います。
でも、実際にお店をやりたい、やってみた、やるんだ!
という人は、常にこのことを反復して自問自答してみてください。
毎回毎回答えは変わっても良いと思います。

どうしてもカレー屋じゃなきゃダメなんですか?
1番じゃなきゃダメなんですか?
2番じゃダメなんですか?

私も今でも毎日毎日これは考えています。(1番、2番じゃないよ…。)
表向き、私もこういう仕事をしていますから、
名刺交換などするとこは、自分の説明で「カレー屋です」と答えますが、実施には固定店舗=カレー屋 を持っているわけではありません。
移動販売車も固定店舗のように毎日稼働しているわけでもありません。
それでも、カレー、スパイスに関わるお仕事をさせていただいておりますが、未だに、カレー店舗をはじめる理由が見つからないのです(涙)。

もちろん昔からの(昔印度亭っていうお店やってましたから)馴染みの方々からは、「後藤ちゃ~ん、早くお店再開してよ~」ってリクエストはあります。
すごく嬉しいことではありますが、今、NOW、はそれが正解なのかはわかりません。

まま何が言いたいことなのか?というと、お店って、そういうものなんですよ。
本当に、やる理由を、常に考えていてくださいね!ということ。
なんとなく、やることないから、ではダメですよ!

そして、揺るがない覚悟を持ってね!
毎日毎日。

なんか、結局は精神論になっちゃいましたね…。
ではまた!

COLUMN

カレーのカテゴリー4

このカレー、スパイスが”きいていて”、
美味しいなぁということ良くありますよね?

でも、この、「きいている」に気をつけてください。
ききすぎた!!?っということも、実は、よくあります(涙)。

ただ、後藤が思うにですよ…
スパイスって主役ではないと思うんです。

あくまでも、
食材の美味しさを引き立ててくれるアクセントになるもの
食材の美味しさに変化をつけてくれるもの
食材の新しい食べ方等を気づかせてくれるもの
だと思います。

あくまでも脇役、名脇役!かと。
主張しすぎると、主役を殺してしまいます。
主張しすぎると、脇役しか目立ちません。

先日とあるお肉のそぼろ状のカレーライスを食べました。
メニューにはスパイスカレーと書いてありました。
クローブの味?香り?しかしませんでした(笑)。
お肉の味もなにも感じず…途中から舌がしびれてしましました。
でも、このスパイスカレーは人気の定番メニューのようでした。

クローブの風味=スパイスがきいていて=美味しいスパイスカレー!
という方程式のように感じました。
先発、中継ぎ、抑え!勝利の方程式!

そうです、何事も主張しすぎはダメです!
出過ぎ!出過ぎ!集合写真撮るとくよく言われました私も…(笑)。
素材を活かすも、殺すも、このスパイスの使い方で変わってきます。

と、ここまで言うと、なんだか、スパイスって難しい~ハードル高い!
と思われがちですが、そんなことはありません。

・きちんとした「ルール」をまもって、正しい使い方をしてください!
・そのルールを守った上でアレンジしてください!

アレンジの仕方は無限大だと思います。
食材により、またその食材の季節により、なんなら食材の切り方により、
スパイスとの組み合わせは色々発見があると思います。
だから面白いんです、スパイスは!

何が言いたいかと申しますと…
そんなスパイスのルールを簡単に調理実習しながらお勉強しましょう!
という講座がコチラ!

6月8日 土曜日
6月24日 月曜日
聖徳大学 生涯学習課 SOA で受講できます!
講師は私、後藤でございます。
https://www.seitoku.jp/soa/kitchen/
絶賛申し込み受付中ですので、是非覗きにきてください。

って最後は自分の宣伝かよ!
いえいえ実はまだ続きがありますが、それはまた次回に。
そこんとこナマステ!

COLUMN

令和のご挨拶

皆様こんにちは。SPICE VILLAGE 主宰の後藤です。

奇跡のGW10連休いかがお過ごしでしたか?

刻の流れは早いものです。そうです!!
10日前のことですが、
気が付けば新元号=令和になっているじゃありませんか。

なにか?変化?ありますか…。

新元号、新時代、色々メディア等でも騒いでますが…
こういう時こそ。
「できることをひとつひとつ」
「一歩一歩」
だと思います。

なにも変わることなく。

新元号=新時代=令和 も変わることなく SPICE VILLAGE をどうぞ宜しくお願い致します。

COLUMN

「平成」最後のコラム

平成最後の営業を終えた主宰の後藤です。

世の中的には平成が終わる!というGW真っ最中。
渋滞真っ最中、人ごみ真っ最中な方々もいらっしゃる今日この頃。
SPICE VILLAGE の先日CURRYトラックでの出張販売を終え、平成最後のお仕事も終了いたしました。
ということでひとしきり主宰後藤のカレー平成史を振り返ってみようの今回。
少しエトセトラコラムっぽいノリでお届けします。

平成元年=高校生
主宰 後藤高校生 盗んだバイクで走り…夜の校舎窓ガラス…
ちょうど教室の向かいが「茶道部」の部屋だったので、昼休みにはよく茶道部に忍び込み、
レトルトカレー「LEE×50倍辛」を食べては友人とはしゃいでいた内気な少年でした。

平成3年=予備校生
主宰 後藤予備校生 予備校ブギ…冬物語…
簡単に流行りに流されるそんな19歳な主宰後藤。
流行りに流されたわけではなく、偏差値が足らず見事予備校生。
予備校の食堂で毎日「カツカレー」をゲン担ぎで食していました。
たまに予備校近所の居酒屋「庄屋」で、ランチメニューの「ジャンボカレー」も食べてました。結局カレーか!

平成4年=大学生
主宰 後藤サクラ咲く。なぜ?みんなジーパンにロン毛でした!私は天パーでした。
無事に某大学へ入学できました!これもカツカレーのおかげです。
ということで早速学食のカフェテラスでカレーライスを発見!
ほぼ、学校に行っているときは「カレーライス&牛乳」という組み合わせでした(笑)。
まだまだ、カレーで外食!という文化は後藤には持ち合わせていない時代でした…。
この時代…本当にアホでした(涙)。

平成8年=社会人1年目
主宰 後藤も無事に新社会人。たまごっち、ルーズソックス、G-SHOCKを販売していました。
ここで!衝撃の出会い=カレーは外食だ!
今でも探してます~品川WING高輪にあった「ブルージャスミン」というお店。
ここのランチのカレーが忘れられない!味はいまだに覚えてるんですが、なんでしょう?
再現できないんです…。近しい味にも巡りあったことが無いんです…。
本当にトラウマです。私の中でこの味が再現できたら、もう昇天しますね!

平成12年=転職
ここで転職します。はい。
なんといきなり飲食経験もなにもないのに!インド料理屋の店長になってしまいます!
文章にするとたったの1行ですが、語るとそれはそれは…。
ご興味のあるかたはメッセージ下さい。
朝まで飲みましょう!語りましょう!
ということで、ここからはもう毎日毎日がカレーです(笑)。

平成26年=独立
主宰ったら、清水の舞台から決死のダイビング!
無事に?着地はできたのかな?
インド料理店での経験を活かして…と思いましたが、何故か?
固定の店舗を持つことなく、なんとなくいろんなことに手を出す!痛い目に合う!の繰り返し(苦笑)。

平成28年=SPICE VILLAGE 立ち上げ
ということで、やりたいこと、できること、を精査していくなかで、
なんか枠組み?必要かな?ということで現在の「SPICE VILLAGE」を立ち上げました。
やっていることは大きく変わってはいないけど。
主宰は形から入るのが好きなので(汗)
※社会人になってからのお話はまた別の機会、エトセトラコラムで触れますね。

駆け足で振り返りました。
こうしてみると面白いものですね。
ところどころキーワードに必ず「カレー」が出てきます。
でも、私、世に言うところの「カレーマニア」ではありません。
「カレー食べ歩き」特にしていませんし、カレー店もそこまで知りません。
もう生活の一部、というか、糧、ですよね。
だって生きていかなきゃいけないんですから。

そう、
僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものがなんなのか
それがこの胸にわかるまで

昔から、ずっと、変わらず、ことあるごと、節目節目でこのフレーズが。
結局のところソレを見つけることはこの30年できなかったのかな?
次の「令和」に持ち越しですね(苦笑)。

カレーと共に歩んできた平成の30年。
いったい自分にはなにが正しくて、正しくないのか?
わかったような?わからなかったような?
でも、ひとつ大切なものを見つけました。
それは「カレー」ではありません。
私にとってその大切なモノを守るための装備が「カレー」だったのかもしれません。
時には守りの装備になり、時には攻撃の呪文になり、剣になり。
それが「カレー」なのかもしれません。
自己表現?自己実現?そんなもの正直どうでもいいんですよね。
大切な「家族」を守れれば。
それ以上に大切なものってあります?

平成。
大切なモノを見つけられた30年でした。

令和。
変わらず、おごらず、今できることを、ひとつひとつ、一歩一歩、謙虚に。

今後共どうぞ宜しくお願い致します。

COLUMN

ジーラアルの込めた思い

ジーラ=クミン アル=ジャガイモ

カラムーチョ より スッパムーチョ が好き。
SPICE VILLAGE 主宰の後藤です。

私、褒められると、伸びるタイプです(笑)。
というよりもお調子者なだけなんですが…。

先日、移動販売お弁当販売中に、外資系のインドからのサラリーマンさんに
「ここのじゃがいもいため、ほんとうおいしいよ!」
「にほんではじめてねおいしいよ!」
と手放しでベタ褒めされた主宰後藤よしお47歳。

この「ジャガイモ炒め」というのは?
早い話がジャガイモのスパイス(クミン)炒めです。

至ってシンプル!
・クミンシード
・チリパウダー
・ターメリックパウダー
・コリアンダパウダー
・塩
・ジャガイモ
・油
 ここにねヒングとか使ったり♪

ん?作り方?レシピ?あぁ~そう?
作り方やレシピなんかは正直ググってみてください(笑)。

でもね文字情報や写真だけでは伝えきれないです(泣)。
そんな人はこちらでお待ちしております。

さて、インドの人は「お豆」と「芋(ジャガイモ)」をよく食べます。
よく食べる=ほぼ主食じゃん!主おかずじゃん!というくらいに。
となると、当然、お豆料理やジャガイモ料理にはうるさいんです。
そんな本場のインドの人に褒めちぎられれば、それはもう…。

私が思うところのこの「ジーラアル」とはね、
・ホクホク感が好きです。
・角が崩れ気味が好きです。
・上と下の歯で、芋をかじる?とき、最後までカチンと噛み切ることなく、
サクホロッと崩れるのが好きです。
・でもグチャッてならなくて、イモの食感も残るくらいが好きです。

口に入れて塩味が広がり、噛むことでホロホロ、ハフハフ、熱々感が襲ってきて、
ピリピリとチリの辛味刺激が~最後に鼻をススス~と抜けていくコリアンダー♪

そこにジャガイモの甘味とが重なり合い~口の中は、口の中は、コスモ!そう、コスモです!もうね宇宙です!
っというくらいにね。お芋が美味しんです。
っとなるようにね。日々精進する次第です!

ここでも大事なのが、主役の「ジャガイモ」を殺さないこと。
あくまでもスパイスは引き立て役です。
ジャガイモの甘い美味しさがあってこそ!
そこをどうアシストするか?
なんです。
突出したひとつの個性ではなく、全体を包み込む協調性、共存性とでも申しましょうか。

そんなことを思いながら今日もジャガイモの皮を剥く。
どうです?こんな毎日も捨てたもんじゃないですよ!