COLUMN

ジーラアルの込めた思い

ジーラ=クミン アル=ジャガイモ

カラムーチョ より スッパムーチョ が好き。
SPICE VILLAGE 主宰の後藤です。

私、褒められると、伸びるタイプです(笑)。
というよりもお調子者なだけなんですが…。

先日、移動販売お弁当販売中に、外資系のインドからのサラリーマンさんに
「ここのじゃがいもいため、ほんとうおいしいよ!」
「にほんではじめてねおいしいよ!」
と手放しでベタ褒めされた主宰後藤よしお47歳。

この「ジャガイモ炒め」というのは?
早い話がジャガイモのスパイス(クミン)炒めです。

至ってシンプル!
・クミンシード
・チリパウダー
・ターメリックパウダー
・コリアンダパウダー
・塩
・ジャガイモ
・油
 ここにねヒングとか使ったり♪

ん?作り方?レシピ?あぁ~そう?
作り方やレシピなんかは正直ググってみてください(笑)。

でもね文字情報や写真だけでは伝えきれないです(泣)。
そんな人はこちらでお待ちしております。

さて、インドの人は「お豆」と「芋(ジャガイモ)」をよく食べます。
よく食べる=ほぼ主食じゃん!主おかずじゃん!というくらいに。
となると、当然、お豆料理やジャガイモ料理にはうるさいんです。
そんな本場のインドの人に褒めちぎられれば、それはもう…。

私が思うところのこの「ジーラアル」とはね、
・ホクホク感が好きです。
・角が崩れ気味が好きです。
・上と下の歯で、芋をかじる?とき、最後までカチンと噛み切ることなく、
サクホロッと崩れるのが好きです。
・でもグチャッてならなくて、イモの食感も残るくらいが好きです。

口に入れて塩味が広がり、噛むことでホロホロ、ハフハフ、熱々感が襲ってきて、
ピリピリとチリの辛味刺激が~最後に鼻をススス~と抜けていくコリアンダー♪

そこにジャガイモの甘味とが重なり合い~口の中は、口の中は、コスモ!そう、コスモです!もうね宇宙です!
っというくらいにね。お芋が美味しんです。
っとなるようにね。日々精進する次第です!

ここでも大事なのが、主役の「ジャガイモ」を殺さないこと。
あくまでもスパイスは引き立て役です。
ジャガイモの甘い美味しさがあってこそ!
そこをどうアシストするか?
なんです。
突出したひとつの個性ではなく、全体を包み込む協調性、共存性とでも申しましょうか。

そんなことを思いながら今日もジャガイモの皮を剥く。
どうです?こんな毎日も捨てたもんじゃないですよ!